1月20日に地域限定で規制緩和する
国家戦略特区の諮問会議が開かれ、
愛媛県今治市に
学校法人加計学園(岡山市)が運営する
岡山理科大学獣医学部の新設(2018年4月)を
正式に決定したようです。

偏差値や学費はどうなるのでしょうか?

では気になるので、
早速チェックしてみましょう。

場所は?

新キャンパスは
JR予讃線今治駅(今治市)から
北西1キロ余りにある
今治市郊外の丘陵地
いこいの丘(新都市第2学区)」の
市有地16.8ヘクタールに
新設されるようです。

学部棟(7階)や附属の動物教育病院(4階)、
管理棟(4階)など
延べ36,000平方メートルを
建設するようです。




今年4月に1期分を着工して
来年3月上旬の完成予定です。

開設時期は?

2018年4月開学予定です。

獣医学部の新設は
1966年の北里大学畜産学部(現・獣医学部)が
開設されて以来、
国内では52年ぶりの獣医学部で
四国では初めてのようです。

場所は愛媛県今治市で
関西唯一の私大獣医学部となりますね。

開設理由は?

今治市が規制緩和で地域振興を図る
国家戦略特区であり、
岡山理科大学を運営する
学校法人加計学園が
内閣府の公募に応じ、
国家戦略特区の諮問会議が
岡山理科大学の7つ目の学部として
獣医学部を認めたからだそうです。

獣医学部は
国内16大学(総定員930名)があり、
今までは新設が認められなかったようです。

ただ、獣医学部のない地域での
先端研究や感染症対策などに
対応する学部として
認可されたようですね。

定員は?

獣医学部は獣医師を目指す
6年制の獣医学科は
入学定員160名のようです。

Sponsored Link


また、国際機関や中央官庁での
勤務経験者70名の専任教員も
配置されるようです。

今年3月末までに文部科学省への
学部新設の申請を行うようですね。

偏差値は?

獣医学部のある
私立の酪農学園大学や北里大学と
同レベルになると
言われているようです。

人気が出てくれば、
日本大学や麻布大学くらいの
レベルに上がってくるかもしれません。

ただ、初年度なので
他大学に比べて
やや高くなる可能性もあるようです。

学費は?

初年度で施設がまだ十分でない場合は
高くなるかもしれませんが、
施設ができている場合は、
他の私大の獣医学部と同じくらいかと
思われます。