民進党の
山尾志桜里衆議院議員(愛知7区選出)と
K弁護士の不倫疑惑について
9月7日発売の週刊文春で
報じられるようです。

そのK弁護士とは
倉持麟太郎弁護士ではないかと
言われているようです。

倉持弁護士はどんな人物なのでしょうか?

では気になるので、
早速チェックしてみましょう!

倉持麟太郎のwiki風プロフィール!

名前:倉持麟太郎(くらもち りんたろう)
出身地:東京都渋谷区
生年月日:1983年1月16日
年齢:34歳
職業:弁護士




出身高校と大学は?

出身高校については
特に情報はありませんでした。

慶応大学法学部に進学しているので、
都内の有名進学校出身の
可能性もありますね。

出身大学は
慶応義塾大学法学部法律学科です。

その後、中央大学法科大学院
修了しています。

経歴は?

2012年に第二東京弁護士会に
弁護士登録をしています。

慶応義塾大学大学院
法科研究科非常勤講師(憲法)も
しているようです。

仁平総合法律事務所を経て、
弁護士法人Nextを開設して、
代表弁護士に就任しています。

結婚や嫁と子供は?

倉持さんが結婚して奥様がいるのか
また子供がいるのかどうかについて
まだ具体的には
わかっていないようですね。

ただ、結婚しているのではとの情報も
一部あるようですので、
引き続き調査していきます。

山尾志桜里議員は既婚者ですので、
もし倉持さんが既婚者の場合は、
W不倫になりますね。

知り合ったきっかけは?

昨年11月15日に
山尾議員の選挙区内の
愛知県日進市で
「安保法制勉強会」が
行われており、
そこに講師として
倉持弁護士が
招かれました。

山尾議員もその勉強会に
参加しています。

その勉強会で2人は
知り合ったと言われているようですね。

Sponsored Link


週刊新潮に報じられた
今井絵理子参議院議員と
橋本健元神戸市議の場合も
勉強会がきっかけでしたね。

民進党の前原代表は?

民進党の前原代表は
9月5日に新執行部人事で
幹事長に内定していた
山尾志桜里元政調会長の起用を
撤回したのです。

前原氏は
「記事も読んでおらず、
山尾さんがそういうことをする方とは
思わない」と述べて、
幹事長撤回については
「いろんなことを総合的に判断した」
と発言しています。

山尾議員は当選2回で政治経験の少なさや
調整能力を懸念されていたにもかかわらず、
前原代表は山尾議員を
幹事長に起用する意向だったようですが、
週刊文春により
不倫疑惑報道がされるために
幹事長起用を断念したと思われます。

山尾議員は否定!

ただ、山尾議員は不倫問題を
強く否定しています。

そのために前原代表は
代表代行への就任を検討したのですが、
党に与える影響等もあり、
山尾議員の執行部入りは
見送られたのです。

そのために民進党の幹事長には
大島敦元総務副大臣、
代表代行には枝野幸男元官房長官が
就任しました。

今後の展開に注目していきます。