2016年12月31日放送の
第67回NHK紅白歌合戦で
途中経過を見る限り、
白組有利と思われていました。

ただ、最終的には紅組優勝となり、
司会の有村架純さんも
驚いていたようです。

なぜ紅組が優勝したのでしょうか?

では気になるので、
早速チェックしてみましょう!

紅組と白組の得票数は?





【得票数】
・紅組9票→紅組優勝
・白組6票

・会場審査(白組の勝ち)
紅組:870票
白組:1,274票(白2票)

・視聴者審査(白組の勝ち)
紅組:2,527,724票
(内訳)
デジタルテレビ:1,365,786票
ワンセグ:26,842票
アプリ:1,135,096票

白組:4,203,679票(白2票)
(内訳)
デジタルTV:1,884,081票
ワンセグ:47,863票
アプリ:2,271,735票

ゲスト審査・ふるさと審査(紅組の勝ち)
紅組:9票
白組:2票

紅組が優勝した理由とは?

【得票数】
視聴者審査:白の勝ち(白2票)
会場審査:白の勝ち(白2票)
ゲスト審査・ふるさと審査:赤の勝ち(赤9票・白2票)

紅組:9票→紅組優勝
白組:6票

白組は視聴者審査で420万票、
会場審査でも1,274票と
圧倒的に紅組を
上回っていました。

Sponsored Link


しかし、ゲスト審査員と
ふるさと審査員で
9票獲得したために
紅組が優勝となったようです。

最終的にゲスト審査員と
ふるさと審査員の票数
多かったために
紅組優勝となったようですね。

視聴者審査と会場審査
圧倒的に白組有利
だったにもかかわらず、
ゲスト審査員と
ふるさと審査員の票で
ひっくり返されてしまったようですね。

今回は視聴者審査と
会場審査の結果が
勝敗に全く反映しなかったために
今後は採点方法の見直しを
検討する必要が
あるかもしれませんね。

特に審査員の票数が勝敗に
大きく反映したために
視聴者審査と
会場審査の票を
もう少し比率を高める等
勝敗の結果に
映したほうがいいと
思われます。

ただ、途中経過報告で
白組が圧倒的に
リードしていたために
審査員の同情票が
紅組に入った可能性も
ありますね。

紅組優勝までの経過は?

今回はデジタルTVやワンセグ、
専用アプリから視聴者投票が
できるようになっていました。

また、披露する歌(歌手)ごとの
投票も行えるようになっていました。

番組が始まってから、
最初の途中経過発表では
紅組が優勢でしたが、
その後の途中経過発表では
白組が圧倒的に
差をつけて有利でした。

誰もが白組優勝だと
思っていましたが、
結局紅組が
優勝したのです。

紅組の優勝が決まった時も
司会の有村架純さんは
状況がよく把握できず、
戸惑った表情も見えましたね。

相葉さん、有村さん
司会お疲れさまでした。