プレミア12の侍ジャパンは
3位決定戦で
メキシコにコールド勝ちし、
3位を死守しました。

そこで準決勝での継投ミスで
批判されている
侍ジャパンの小久保裕紀監督について
調べてみました。

結婚について!

小久保監督が
24歳の時の1995年に
4歳年上の女性と結婚して
長男・長女の2人の子供が誕生したのです。

4人家族となり、
幸せな家庭がスタートし、
結婚生活は13年間
続くのです。

しかし、2008年に
13年間連れ立った妻とは
離婚という結末を迎えたのです。

離婚原因は?

離婚原因は
小久保監督の女性問題
だったようです。

2008年末に
九州の地方局の女子アナとの噂が
あったようですね。

その女子アナは後日、別の男性と
結婚しており、
小久保監督と再婚には
至らなかったようです。

家族の嫁や子供は?

離婚後2人の子供は
母親が引き取ることに
なったようです。

2012年の小久保監督の
引退セレモニーにも
2人の子供や元妻は
残念ながら、
観戦することは
なかったようです。

2人の子供は父親には
会えないみたいですね!

小久保監督の再婚は?

小久保監督の再婚に関しての
情報は特にありませんでした。

以前、地方局の女子アナだけではなく、
他の女性との噂もあったようです。

Sponsored Link


こういったこともあり、
今後の再婚に関しては
慎重な姿勢に
なっているかもしれません。

ただ、侍ジャパンの監督に
なったことを
きっかけとして
再婚をして身を固めるかどうかも
今後注目ですね!

 小久保監督の継投ミス!

11月22日放送の
「サンデーモーニング」(TBS系)で
プレミア12の準決勝において
韓国に逆転負けをした小久保監督に
張本さんもやはり「喝!」
を入れていました。

大谷投手を7回で交代させないで、
完投すべきだったと
痛烈に批判したのです。

また、7回で球数は85球、
11奪三振、被安打1で
韓国打線はストレートとスライダーを
嫌がっており、
最後まで投げきれと指示するのも
監督の仕事と発言したのでした。

張本さんの発言に注目していましたが、
やはり小久保監督の継投策の失敗との
発言がありました。

また、ゲスト出演した吉井さんも
投手陣は先発と抑えのみの選出で
中継ぎ投手が選出されなかった
ことについて
不満のようでした。

ヤクルト久古投手、日本ハム宮西投手、
ソフトバンク森投手らの
中継ぎ経験豊富な
投手の必要性
説明したのです。

確かにイニング途中や
ランナーがたまった場面で
登板することに
シーズン中から慣れている中継ぎ投手が
選出されていませんね!

今後の野球の世界大会では
地味な役割ながら、
中継ぎ投手も重要ですので、
選出した方がいいかもしれません!