5月14日放送の「カンブリア宮殿」
(テレビ東京系)に
東京すしアカデミーの
福江誠社長が登場します。

寿司職人育成の学校を
運営しているようです。

では、気になるので早速チェックしてみましょう!

福江誠のwikiは?

【福江誠のwiki風プロフィール】
名前:福江誠(ふくえ まこと)
生年月日:1967年
出身地:富山県小矢部市
出身大学:金沢大学卒
役職:東京すしアカデミー校長
東京すしアカデミー(株)代表取締役

【福江社長の理念】
寿司のビジネスチャンスは海外でも
拡大し続けています。
そのために
寿司を産業として
輸出することが
自分の使命と
考えているようです。

今後も世界を見据えて
SUSHI産業の海外進出
図っていくようです!

福江社長の考えには
先を読んだ戦略があり、
とても感心します。

今後も世界に寿司職人を多く輩出し、
「SUSHI」を世界に
広めてほしいですね!

【経歴】
(株)TKC勤務
経営コンサルタント志望のため退社
1995年に経営コンサルタント会社
会社業務研究所に勤務
2000年1月に独立して
コンサルタント事務所を設立
東京都内の有名寿司店等の
経営指導にあたる。
2002年6月日本初の寿司職人育成学校
東京アカデミーを設立し、
校長に就任

東京アカデミー直営の寿司店
「誠寿司西新宿店」や
「 神楽坂すしアカデミー」では
在校生、卒業生が中心となって
経営しているようです。

直営の寿司店「誠寿司」
という店名は
福江誠社長の名前「誠」
から付けたのでしょうか(笑)

また、海外に進出もしており、
中国の広州にも「誠寿司」
を出店したようです。

東京すしアカデミー設立理由とは?

現在、寿司と言えば、
回転寿司が主流で、
すし職人は減少傾向にあります。

寿司職人は
「飯炊き3年、握り8年」
といわれており、
修行が厳しい世界でした。

一人前の職人になるには
10年ほどかかることが
当たり前でした。

Sponsored Link


しかし、現在では
そのような修行制度は
敬遠されており、
そのために後継者不足で
閉店する寿司店が
多いのも事実です。

このような寿司職人の現状をみて、
本格的には1年で
最短なら2ヵ月で
寿司職人になれる
寿司職人育成学校を設立したのが、
福江社長です。

 どんな人が学んでいるの?

20代からサラリーマン退職組まで
老若男女が殺到しているようです。

また、脱サラ組も多く、
卒業後は海外の寿司店で
働く人も多いようです。

やはり寿司職人は
1度技術を身につければ、
一生やっていけますから、
すし職人は
不況に強い職種かも
しれません!

気になる福江社長の年収は?

当たり前の話ですが、
年収は公表されていません。

学校も人気があり、
海外進出もしているため、
業績は安定しており、
今後も順調に
伸びていくと思われます。

年収については
数千万円~数億円くらいでは
ないでしょうか?

個人的には
億を超えている可能性は
あるかもしれないと
思っています!

海外進出も図っているので、
今後は年収も
更に増えるかと思います。