4月19日(日)放送の
情熱大陸(TBS系)で
淡水魚研究家の佐藤智之さんが
登場します。

佐藤さんは
カンボジアに移住して、
現地の淡水魚の研究を
しているそうです。

では、気になるので早速チェックしてみましょう!

佐藤智之のwikiは?

 【佐藤智之wiki風プロフィール】

年齢:39歳(1976年生まれ)
出身地:神奈川県藤沢市
最終学歴:大阪動植物海洋専門学校(水産増殖学科)
家族:妻

 【経歴】
専門学校卒業後に
水族館を経営する会社を経て
琵琶湖博物館の飼育業務として勤務し、
カンボジアの淡水魚飼育を担当。
ここには10年間勤務します。

カンボジアの淡水魚のことを
知るうちに興味が湧いてきて、
淡水魚の魅力に
取りつかれたようです。

そして、
カンボジアでの
淡水魚の生育環境を
知るために
休暇を利用して
カンボジアを何回か
訪れたようです。

カンボジアでは
多くの淡水魚が
生育しているにもかかわらず、
あまり研究が進んでいない状況に
あることを知るのです。

そこで、現地で
自ら調査することを決意し、
2010年1月に
カンボジアのシェムリアップに
移住したのです。

当時、佐藤さんは結婚していたため、
妻の典子さんと共に夫婦で
移住したのです。

 研究費用は自己資金?

研究機関の仕事ではないため、
何と研究費用は
すべて自己資金だそうです。

研究費用を
援助するシステムとか
ないみたいですね!

Sponsored Link


そのため、佐藤さん
ホテルやレストランの
水槽のメンテナンス業
奥さんは日本での美容師の経験から
美容師をしていたそうです。

夜は夫婦でクレープ屋
営んでいるようです。

佐藤さん夫婦は
研究費用を稼ぐために
朝から晩まで
働きづめだったようです。

仕事と研究の両立というのは
やはり大変ですね!

 カンボジアを選んだ理由とは?

カンボジアでは
淡水魚の研究が
あまり行われていないようです。

そのため、カンボジアで
淡水魚の研究をして
最終的には
淡水魚図鑑の制作をしたいとの
思いがあるようです。

そこで淡水魚の調査を現在進めており、
カンボジアには
約500種類の淡水魚
いるそうですが、
佐藤さんが採取した数は
450種類だそうです。

 カンボジアでの活動とは?

現地のクメール語は
独学で覚えたようです。

やはり現地の人と
コミュニケーションを
とることは大事ですからね!

そして地元の漁師と一緒に
魚獲りを行ったりして
地元の住民とも
交流を深めているようです。

佐藤さんは
絶滅危惧種や
まだ知られていない魚等も
追い続けて調査しているようです。

目標としている
カンボジアの淡水魚図鑑の制作
実現のためにも
今後とも佐藤さんも奥さんと共に
頑張ってほしいですね!

海外で活躍する日本人!

海外で活躍している日本人というと
スポーツの分野では
テニスの錦織圭選手や
ヤンキースの田中将大投手
等が思い浮かびます。

異国の地で活躍することは
かなり大変ですが、
応援したくなるものです。

佐藤さんについても
淡水魚の研究の分野での
成果を期待しましょう!